大会の記録2011─

第64回

2011年10月29日(土)、30日(日)、関西大学千里山キャンパス

  • 上山愛子(京都大学)「カントの「嘘」論文におけるUnrecht」
  • 太田 徹(京都大学) 「カントの自由論における「自発性としての自由」について」
  • 宇野大輔(同志社大学)「ヘルダーリンの思想に見られる自然と人間との一体性の回復とその可能性」
  • 井上英昌「J・S・ミルと徳の倫理 —アリストテレス、カントの特の倫理との比較検討—」
  • 黒岡佳柾(大阪大学) 「「死」と他者との共同性に関する一考察 ―ハイデガー「時間の概念」論文を介して―」
  • 雨宮 徹(大阪河崎リハビリテーション大学) 「フランクルの「精神」の概念について」
  • 服部敬弘(同志社大学)「行為の自由と感情の不自由 ―アンリにおける「情感性の倫理学」再考―」
  • 〈依頼発表〉志水紀代子(追手門大学) 「アーレントの「世界愛」から照射する東北アジアの和解の条件について」
  • 田口了麻(大阪大学) 「「猥褻」という概念に関する試論 ―裁判事例と法規定上の猥褻性を中心に―」
  • 岩江荘介(医療基盤研究所)「 医学研究ガバナンス活動における倫理的基盤について—再生医療研究を題材に—」
  • 亀喜 信(立命館大学)「 「共通善」の思想の再検討 」
  • 嘉目道人(大阪大学) 「討議倫理とフィヒテの道徳論 ―道徳原理の根拠づけについて―」
  • 東暁雄(大阪大学) 「主体・環境・法システム ―法規範はいかなる価値によって定式化され得るのか?」
  • 佐藤岳詩(京都大学)「人生の有意味さについて」

シンポジウムテーマ「直観と倫理」

  • 柘植尚則(慶應大学)
  • 浜渦辰二(大阪大学)
  • 三谷尚澄(信州大学)

(司会)水谷雅彦(京都大学)、北尾宏之(立命館大学)

第65回

2012年11月3日(土)・4日(日) 、信州大学松本キャンパス

  • 北村教行(京都大学)「ベンサムにおける分配的正義」
  • 岡本慎平(広島大学)「他者の心と神の実在 ―J・S・ミルの類推論法と意識の諸問題について」
  • 吉本 陵(大阪府立大学)「ハンス・ヨーナス『責任という原理』への二つの視角―「現今の戦争に対する我々のかかわり」をめぐって」
  • 安井絢子(京都大学)「ケアの倫理の理論的展開―ノディングス以降のケア理論家の議論を中心に」
  • 岡村優生(大阪府立大学)「性同一性障害について考えるということ―性同一性障害研究における哲学、倫理学の可能性」
  • 小松原織香(大阪府立大学)「レズビアン・フェミニズムにおける分離主義についての倫理学的考察」
  • 齋藤征子(名古屋大学)「人工妊娠中絶をめぐる道徳的考察」
  • 林 誓雄(日本学術振興会・立命館大学)「ヒューム道徳哲学における「人々の意見」」
  • 井上英昌「カント倫理学における「習慣」批判とその検討」
  • 戸田潤也(京都大学)「『実践理性批判』は『基礎づけ』の挫折の産物か」
  • 近藤和貴(早稲田大学)「ソクラテスはなぜ葬送演説を行ったのか―プラトン『メネクセノス』篇における帝国批判と若者教育」
  • 生島弘子(大阪大学)「後期ニーチェ思想における身体からのキリスト教批判」
  • 藤田俊輔(京都大学)「ヤスパースの「不安」における他者の問題 」
  • 劉 静瑜(大阪大学)「和辻哲郎の間柄構造 ―個人と社会、空間と時間の二重性について」
  • 石毛 弓(大手前大学)「人格の同一性に対する物語論的アプローチについて―マッキンタイア考」
  • 〈依頼発表〉西村誠(長野県短期大学)「怒りについて」

◎シンポジウムテーマ「専門家と信頼」

  • 板井孝壱郎(宮崎大学)
  • 大石敏広(沖縄工業高等専門学校)
  • 丸山徳次(龍谷大学)

(司会)伊勢田哲治(京都大学)、徳永哲也(長野大学)

 


 

第66回

2013年11月2日(土)、3日(日)、立命館大学衣笠キャンパス

〈ワークショップ〉
生誕二〇〇周年: 倫理学の対象としてのキェルケゴール (実施責任者)江口聡(京都女子大学)

 

  • 渡辺華月(龍谷大学)「倫理学説としての宇宙周期説―プロティノスを中心とした考察」
  • 小田裕二朗(大阪大学)「スピノザ『エチカ』における欲望cupiditasの変容」
  • 小城拓理(京都大学)「自然的義務としての政治的責務―サマリタニズムを中心に―」
  • 久保田浩平(関西学院大学)「「リベラル・ナショナリズム」を超えて」
  • 實藤光(大阪市立大学)「(後期)ニーチェにおける神の生死」
  • 田邉正俊(立命館大学)「ニーチェの「責任」観をめぐる一考察」
  • 鈴木崇志(京都大学)「フッサールによる、人形の錯覚についての三つの分析」
  • 樋口雄哉(同志社大学)「レヴィナスにおける倫理と公正」
  • 安部彰(立命館大学)「R・ローティのJ・S・ミル評価について」
  • 服部圭祐(大阪大学)「〈間柄〉の三つの側面からみる和辻哲学―和辻哲郎『倫理学』の理論構造―」
  • 笹原八代美(熊本大学)「将来世代の生きる権利と現在世代の責任―J・ファインバーグとH・ヨナスの議論をてがかりに―」
  • 村上慎司(公益財団法人医療科学研究所)「健康の社会的決定要因としてのソーシャル・キャピタルの規範理論――リベラル・コミュニタリアン論争の含意から」
  • 角崎洋平(立命館大学)「分配的正義の時間射程――デニス・マッカーリーの議論を中心に」
  • 佐藤岳詩(日本学術振興会・京都大学)「R.M.ヘアにおける原則の決定とコミットメント」
  • 杉本俊介(京都大学)「Why Be Moral?問題に対する二人称的観点からの解答:ネーゲル、コースガード、ダーウォルによる解答の検討を通して」
  • 土屋貴志(大阪市立大学)「倫理学理論をどう使うか——体系化に向けて——」
  • 櫻井悟史(立命館大学)「誰が死刑執行を担うべきか――カント『人倫の形而上学』を手がかりに」
  • 南木喜代恵(関西大学)「「悪への性癖」によってカントの道徳哲学の何がどう変容したか」
  • 蓮尾浩之(大阪府立大学)「『実践理性批判』の「転回」はカント倫理学においていかなる意味をもつか―「範型論」を手がかりとして―」
  • 李明哲(神戸大学)「カント倫理学「尊敬の感情」と目的自体としての人間」
  • 安彦一恵(滋賀大学)「ヘーゲル良心論の地平 濱良祐(同志社大学)」
  • 堀田義太郎(東京理科大学)「正義論と障害」
  • 郡あや(奈良女子大学)「R. E. Goodinのvulnerability modelとケア論の接続可能性――E. F. Kittayによる批判の検討を通して――」
  • 小西真理子(日本学術振興会・立命館大学)「共依存という語の存在意義――フェミニズムによる批判の検討」
  • 松田智裕(立命館大学)「自己疎外の二つの位相―― デリダの主観性理論に関する一視点――」
  • 野口亮(無所属)「デリダの嘘論――デリダによるアーレント「真理と政治」読解――」
  • 三浦隆宏(椙山女学園大学)「アーレント政治思想における「範例」の意味」
  • 〈依頼発表〉和田渡(摂南大学)「老いの影と光」

シンポジウム

テーマ「ケアと正義」

立山善康(徳島文理大学)
岡野八代(同志社大学)
佐藤義之(京都大学)

(司会)品川哲彦(関西大学)、竹山重光(和歌山県立医科大学)