『倫理学研究』第1集 – 第10集

第1集(1971年)

  • 人間と可能性……島芳夫(1)
  • 祈祷の問題に関して倫理的視点から研究することについての方法論的考察-特にJohn MacmumurayとMaurice Nedoncelleの所説をめぐつて……杉瀬祐(13)
  • ラッセルに於ける情緒説について……田中芳美(23)
  • ベーメの「無底」についての一考察……福島正彦(35)
  • 葉隠の奥の手……坂田吉雄(47)
  • 宗教と哲学……岡昌宏(49)
  • ディーター・ヘンリッヒ「二つの大戦後のドイツ哲学」……芝烝(51)

第2集(1972年)

  • 商品時代と人間の平等……相原信作(1)
  • 現代における感情の在り家……相馬隆治(11)
  • Voluntas Perversa(転倒した意志)-アウグスチヌス著「告白」より-……八塚ヤス子(23)
  • 道徳的認識の問題……深谷昭三(31)
  • へ-ゲルにおける運命–「キリスト教の精神とその運命」の一考察……鶴田孝(43)
  • プラトンによる偽りの快楽の分析……山内友三郎(53)
  • ジョン・デューイの探究状況と自己の問題…・・・谷口忠顕(69)
  • 実在の問題についての一考察–一経験論者としてのW・ジェイムズの場合……三橋浩(77)
  • 現代高校生の意識と行動の一面……古作仁(85)
  • シンポジウム「現代の人間について」……斉藤・芝・島・相馬・田中・鶴田・堂北・野村・古作・森下・横山(93)

第3集(1973年)

  • 親子の情と道と法……坂田吉雄(1)
  • 「共通善」の構成・認識・機能-市民社会「変革」の哲学としてのデューイ「倫理学」(第一章)……佐伯敬夫(9)
  • 若きへ-ゲルにおける宗教思想の芽生え-シュツットガルト時代(一七七〇-一七八八)……尾崎和彦(22)
  • 川端康成のナゾの自殺の解明と川端作品、ひいて日本文学の神髄を論ずる-哲学、宗教と文学の関連-……川村喜久治(37)
  • ブーバーと東洋精神……・・平石善司(43)

第4集(1974年)

  • 道元における人間存在の倫理……遊亀教授(1)
  • 象徴としての自然……八塚ヤス子(11)
  • グリーンと現代イギリス倫理学……行安茂(21)
  • カント哲学とマルクス主義-Max Adlerの場合-……戸田省二郎(33)

第5集(1975年)

  • 道徳研究の方法論についての一つの試み…・湯浅南海男(1)
  • ラッセルにおける良心と善………工藤亨(12)
  • 物理と倫理-因果律と自由に関わる一考察-……河井徳治(21)
  • ジョン・デューイの習慣論……谷口忠顕(30)
  • 「神の死」について-ヘーゲルとニーチェを中心に-……森田啓嗣(39)

第6集(1976年)

  • 「間」の哲学と倫理……・・伏見文雄(1)
  • カントにおける自我と自由……小西國夫(12)
  • へ-ゲルの「近代」論-イエナ時代を中心として-……・安彦一恵(23)
  • フォイエルバッハにおける自然の問題……豊田剛(33)
  • 現代道徳教育の問題点-しつけをめぐつて-……・森下利明(44)

第7集(1977年)

  • 倫理的検証……・樋元和一(1)
  • 親鸞の大行論……・・山下秀智(13)
  • 法と道徳をめぐる諸問題………加茂直樹(23)
  • 〈間主観性〉問題について-現象学的観点から-……・・鷲田清一(34)
  • ニーチェにおけるイエス像の問題……伊敷健二郎(45)

第8集(1978年)

  • カント哲学における「同時」の構造-先験的論理の一つの側面-……三渡幸雄(1)
  • キルケゴールの生成論……・稲村秀一(15)
  • へ-ゲルにおける個人と道徳的自由の問題……尾関周二(26)
  • 責任を負うということ……・・・池上哲司(36)
  • 人は知りつつ悪を行うことはないか-ソクラテスのパラドクスについて-・・・山内友三郎(46)

第9集(1979年)

  • 存在と価値と当為との問題……・保田清(1)
  • デューイ倫理学の基本概念……・谷口忠顕(9)
  • 宗教的体験の二類型と波多野宗教哲学、特にその人間学について……清水研(20)
  • 人間的自由の本質についての一考察……・・柴田秀(33)
  • 危機の中の人間-オルテガの言う「道徳的頽廃」について-……・大町公(44)

第10集(1980年)

  • 善の諸相について……・中村正雄(1)
  • 古代日本人におけるヨシ(善)……芝烝(7)
  • アウグスチヌスにおける善について……八塚ヤス子(19)
  • べ-メにおける善の問題……・・福島正彦(30)
  • スピノザに於ける善の概念について……・・・河井徳治(41)
  • カントにおける善の概念への一考察……・・・豊田剛(52)
  • へ-ゲルにおける「善」の概念……・田中芳美(63)
  • マルクスにおける理想と善……・戸田省二郎(74)
  • J・S・ミルの善の概念……・長岡成夫(86)
  • G・E・ムーアの「善の概念」について……深谷昭三(97)
  • ヘアにおける善について………山内友三郎(109)
  • 素行学における「善」の問題……森下利明(121)