『倫理学研究』第51号~

第51号(2021年)

〈シンポジウム 倫理学の自然化〉

  • 趣旨説明(伊勢田哲治・樫則章)
  • 鈴木真 道徳に関する実証的研究と、その哲学的問題への関連性について
  • 蝶名林亮 道徳的直観主義はどこまで経験的反論に耐えうるか
  • 永守伸年 倫理学における超越論的方法と自然主義
  • ディスカッション要録(伊勢田哲治・樫則章)

〈公募論文〉

  • 平光佑 ルソーにおける道徳と政治
  • 栗山はるな 和辻哲郎の仏教研究における自我論について

〈書評〉

  • 松葉祥一 亀井大輔『デリダ─―歴史の思考』法政大学出版局、二〇一九年
  • 平出喜代恵 永守伸年『カント 未成熟な人間のための思想 想像力の哲学』慶應義塾大学出版会、二〇一九年
  • 松本啓二朗 黒岡佳柾『ハイデガーにおける共存在の問題と展開──哲学・有限性・共同性』晃洋書房、二〇二〇年
  • 寺田俊郎 三浦隆弘『活動の奇跡──アーレント政治理論と哲学カフェ』法政大学出版局、二〇二〇年
  • 服部敬弘 松田智裕『弁証法、戦争、解読──前期デリダ思想の展開史』法政大学出版局、二〇二〇年。
  • 児玉聡 品川哲彦『倫理学入門──アリストテレスから生殖技術、AIまで』中央公論新社、二〇二〇年
  • 田中朋弘 児玉聡『実践・倫理学──現代の問題を考えるために』勁草書房、二〇二〇年

学会からのお知らせ